【ソウル聯合ニュース】2022年1〜3月期の世界のスマートフォン市場で韓国のサムスン電子がシェア24%で首位を維持したことが20日、市場調査会社カナリスの調べで分かった。

 サムスン電子の1〜3月期のシェアは前年同期比2ポイント上昇した。フラッグシップの「ギャラクシーS」シリーズと中価格帯の「ギャラクシーA」シリーズの好調が後押しした。 

 2位の米アップルは18%で、同3ポイント上昇した。3〜5位は中国勢で、小米(シャオミ)が13%、OPPO(オッポ)が10%、vivo(ビボ)が8%だった。それぞれ、前年同期より1〜2ポイント下がった。

 業界関係者は、サムスン電子が1〜3月期に発売したギャラクシーS22シリーズとギャラクシーAシリーズの販売好調がシェア拡大につながったと分析した。

 世界のスマートフォン出荷台数は前年同期比11%減少した。ロシアのウクライナ侵攻や、新型コロナウイルス対策で中国が事実上の都市封鎖(ロックダウン)を実施したことなどが影響したとみられる。