◇日本外交青書の独島領有権主張に強く抗議 「韓日関係に役立たず」

 韓国政府は、日本政府が公表した2022年版外交青書で独島を日本固有の領土と主張したことに強く抗議した。外交部が「歴史的、地理的、国際法的に明白なわが固有領土の独島に対し不当な領有権主張を繰り返したことに強く抗議し、即時撤回を求める」とする報道官論評を発表した。論評は「政府は独島に対する日本のいかなる挑発にも断固として対応していく」と強調し、「日本政府は独島への不当な主張の繰り返しが未来志向的な韓日関係の構築に全く役に立たないという点をしっかり自覚しなければならない」と指摘した。

◇軍 SLBMの連続発射実験に成功

 韓国軍が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)2発の連続発射実験に成功したことが分かった。軍関係者によると、発射実験は18日に実施された。3000トン級の潜水艦「島山安昌浩」からSLBM2発を連続発射し、標的に命中させたという。韓国軍は昨年9月、独自開発したSLBMの発射実験に初めて成功していた。今回は約20秒の間隔で連続発射され、約400キロを飛行して海上の標的に命中したという。事実上最終的な実験で、近く実戦配備される見通しだ。

◇京畿道知事選 次期与党候補に尹次期大統領腹心

 次期与党「国民の力」は首都圏、京畿道の知事選(6月1日投開票)の公認候補に金恩慧(キム・ウンヘ)国会議員を選出した。金氏は尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領の報道官を務め、尹氏の腹心とされる。また、同道城南市の大庄洞開発事業を巡る不正事件の舞台となった同市文唐区を地盤とし、事件を厳しく追及したことで知られる。

◇次期大統領 就任式に4万人超招待 

 尹錫悦次期大統領の就任準備委員会は、来月10日にソウルの国会議事堂前広場で開催される大統領就任式に当初の計画を上回る約4万1000人を招待することが決まったと発表した。新型コロナウイルスの防疫指針が緩和されたことで招待規模を拡大したという。就任式当日の来月10日午前0時には、ソウル中心部の鍾路区の普信閣で任期開始を知らせる鐘突きイベントが行われる。尹氏は同日午前、国立墓地の国立ソウル顕忠院を参拝する。