【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が日本の岸田文雄首相の靖国神社への供物奉納や安倍晋三元首相らの参拝を非難した。

 北朝鮮外務省は22日、日本研究所のラ・グクチョル研究員名義の文章で、「毎年、春季・秋季大例祭と終戦の日に靖国神社参拝や供物奉納を定例化し、軍国主義戦犯者を英雄として賛美することは、日本の侵略により計り知れないほどの苦痛と不幸を強いられたアジアの人民に対する耐えがたい冒涜(ぼうとく)であり、復讐(ふくしゅう)主義の野望の現れ」と指摘した。

 また、安倍氏を「戦犯者の子孫」とし、「日本の反動らが靖国神社参拝に執拗(しつよう)にしがみつく本心は軍国主義の亡霊を生き返らせ、再侵略の突撃隊として使う後裔を育てることにある。日本は無分別な復讐主義の妄動がもたらすものは悲惨な破滅だけだということを肝に銘じ、自粛すべきだ」と強調した。

 同神社には太平洋戦争のA級戦犯が合祀(ごうし)されている。北朝鮮は岸田氏が供物を奉納した翌日に強い反発を示した。