【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年を記念する閲兵式(軍事パレード)が25日に開かれ、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が演説したと報じた。金氏は「わが国が保有する核武力を最大の急速度で強化、発展させるための措置を引き続き取っていく」と述べ、核兵力を一段と強化する意向を鮮明にした。

 

 金氏は「われわれの核武力の基本使命は戦争を抑止することだが、この地でわれわれが決して望まない状況が形成される場合、核が戦争防止という一つの使命にのみ縛られているわけにはいかない」と述べた。「いかなる勢力であれ、わが国の根本利益を侵奪しようとするなら、われわれの核武力は二つ目の使命を決行せざるを得ないだろう」とも語った。

 そのうえで、「共和国(北朝鮮)の核武力はいつでも自らの使命と特有の抑止力を稼働させられるよう、徹底して準備されている必要がある」と指摘した。

 北朝鮮は25日夜、首都・平壌の金日成広場で軍事パレードを開催した。