【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は26日の定例会見で、北朝鮮が閲兵式(軍事パレード)を実施したことについて、「朝鮮半島と地域の情勢に緊張をもたらす行動を直ちに中止することを促す」と述べた。

 崔氏は「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和構築のため、北が外交解決の道に進むことを改めて促す」と強調。「今後も強固な韓米連合防衛態勢に基づき、韓米の緊密な連携、関連国との緊密な協力を通じ、朝鮮半島の完全な非核化のための積極的な外交努力を続けていく」と述べた。

 北朝鮮は25日、朝鮮人民革命軍(抗日遊撃隊)創建90年を記念する閲兵式を実施し、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」などを公開した。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は閲兵式で演説し、「われわれの核武力の基本使命は戦争を抑止することだが、この地でわれわれが決して望まない状況が形成される場合、核が戦争防止という一つの使命にのみ縛られているわけにはいかない」と述べた。