【ソウル聯合ニュース】韓国酒類大手のハイト真露は27日、2021年の焼酎輸出額が前年比36.3%増の1億200万ドル(約130億円)だったと発表した。輸出額、増加率とも過去最高。

 焼酎輸出額を地域別に見ると、中華圏向けが47.6%増の2558万ドル、米国など米州向けが47.3%増の1944万ドルだった。日本、東南アジア向け輸出も20〜30%台の伸びを記録した。

 同社は、新型コロナウイルス禍でも成長を続けられたのは市場の変化に積極的に対応したためと説明。競争が激しいグローバル市場での競合製品に対する分析、アルコール度数が低い低度酒やフルーツリキュールの人気といったトレンド把握も奏功したとしている。

 同社は大型スーパーなどに主力商品「チャミスル」やチャミスルのフルーツフレーバーシリーズを置き、各国に合わせた販促物を制作したり、試飲スペースを設置したりして広報に努めた。また、MZ世代(1980〜2000年代生まれ)に関心を持ってもらうため、動画投稿サイト「ユーチューブ」にグローバルページも開設した。

 同社の海外事業担当役員は「今年はアジアの戦略国での成長とブランド力(の引き上げ)を一段と加速させるとともに、成長が見込める国を積極的に発掘し、欧州、北米地域にまで販売を広げていく」としている。