【ソウル聯合ニュース】韓国政府は、新型コロナウイルス対策として実施してきた屋外でのマスク着用義務を5月2日に解除する。金富謙(キム・ブギョム)首相が29日、中央災難(災害)安全対策本部の会議で発表した。

 ただし、密集度合いが高く、歓声などで感染リスクの高い50人以上が集まる集会、行事、公演、スポーツ観戦ではマスク着用義務が維持される。

 金首相は「一部で懸念もあったが、1人での散歩や家族での外出でもマスクを外せない国民のもどかしさと不便さを無視することはできないと判断した」と述べた。

 これに先立ち、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期政権への移行を準備する政権引き継ぎ委員会の安哲秀(アン・チョルス)委員長は、5月末に屋外でのマスク着用義務の解除を検討する方針を表明。現時点での解除に反対姿勢を示していた。

 だが、政府は現在の防疫状況を総合的に判断し、屋外でのマスク着用義務を維持する必要はないと結論付けた。

 金首相は「防疫と医療状況は確実に安定傾向を示している」としながら、フランス、ニュージーランド、シンガポールなどは新型コロナの変異株「オミクロン株」の流行がピークアウトしてから1カ月前後でマスク着用義務を解除したが、その後も感染者が減少傾向を示していると強調した。

 一方、感染が疑われる症状がある人や感染リスクの高い人に対しては屋外でもマスクの着用を勧告するとした。

 政府は防疫規制の緩和と同時に、高齢者など高リスク群に対する管理を強化することを決めた。臓器移植などで免疫抑制療法を受け、ワクチン接種による抗体獲得が難しい人を対象に近く抗体治療薬を導入する計画だ。