【ソウル聯合ニュース】韓国の現与党「共に民主党」が統一地方選(6月1日投開票)で行われるソウル市長選に宋永吉(ソン・ヨンギル)前代表(59)を擁立することを決めた。

 同党は29日、党内の予備選で宋氏が選出されたと発表した。

 ソウル市長選を巡っては、来月与党になる最大野党「国民の力」が現職の呉世勲(オ・セフン)氏(61)の擁立を決めており、事実上の一騎打ちとなる。

 宋氏は先月実施された大統領選で共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)候補が「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補に敗れたことを受け、党代表を辞任した。