【世宗聯合ニュース】韓国の統計庁が3日発表した消費者物価動向によると、4月の消費者物価指数は前年同月比4.8%上昇した。上昇率は前月(4.1%)を上回り、リーマン・ショック直後の2008年10月(4.8%)以来13年半ぶりの大きさとなった。ロシアのウクライナ侵攻後、エネルギー価格の高騰が続く上に電気料金の値上げや世界的な供給網(サプライチェーン)の混乱なども影響し、物価上昇の勢いが増している。

 物価上昇率は昨年10月に3%に拡大してから5カ月続けて3%台で推移した。今年3月に4.1%と4%を上回ると、先月には4%後半に上がった。

 4月は主に、石油類をはじめとする工業製品と個人サービスの値上がりが物価を押し上げた。

 石油類の価格が34.4%跳ね上がり、加工食品も7.2%上昇するなど、工業製品が7.8%上がった。

 農畜水産物の上昇率は3月に鈍化したが、4月は畜産物(7.1%)を中心に1.9%に拡大した。

 電気・水道・ガスも6.8%上昇した。韓国電力の電気料金引き上げにより電気が11.0%上がったため。

 サービスは3.2%上昇した。このうち個人サービスは、外食の上昇率が前月と同じく6.6%と1998年4月(7.0%)以来の高水準だったことなどから4.5%値上がりした。公共サービスの上昇率は0.7%だった。

 変動の大きい農産物と石油類を除いたコア物価は3.6%上昇した。11年12月(3.6%)以来の大きな上げ幅だった。

 生活実感に近い生活物価指数は5.7%上昇し、08年8月(6.6%)以来の高水準となった。

 統計庁の担当者は4月の消費者物価の上昇率が前月比0.7ポイント拡大したことについて「主に石油類、電気・水道・ガスの値上がり幅拡大に起因する」と説明した。