【ソウル聯合ニュース】韓国外交部で北朝鮮問題を担当する魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長と中国の劉暁明・朝鮮半島問題特別代表が3日、ソウルで会談し、厳しい朝鮮半島情勢について認識を共有し、朝鮮半島の状況を安定的に管理するための協力策を協議した。

 外交部によると、魯氏は北朝鮮の一連のミサイル発射や、北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場で行われている坑道復旧の動きなど最近の動向について懸念を示し、北朝鮮がさらに状況を悪化させる措置を自制し、対話に復帰できるよう中国に対し建設的な役割を果たすよう要請した。

 劉氏は、朝鮮半島と域内の情勢安定に向けた関係国との緊密な協力の必要性に共感を示し、朝鮮半島問題の平和的解決のために建設的な役割を果たしていくとの中国側の立場を改めて示した。

 双方は朝鮮半島問題に関連し、緊密な戦略的意思疎通を続けていくとの意見で一致した。

 劉氏は会談終了後、報道陣に対し「朝鮮半島情勢に新たな変化があると判断している。われわれは共通の努力を続けなければならない」と述べた。「新たな変化」とは北朝鮮の相次ぐ挑発による情勢悪化を念頭に置いたものとみられる。

 また、韓中が朝鮮半島の非核化を推進し、朝鮮半島の安定実現に向けて努力することで一致したとし、「この問題は依然、政治的に共同の努力の過程にあり、政治的解決の軌道上にあると判断している」強調。「共に努力すべき機会がさらに多くなるだろう」との見解を示した。