【ソウル聯合ニュース】韓国政府は6月1日から南部の済州空港と北東部の襄陽空港に到着する一部の外国人に対し、防疫指針の順守などの条件付きで査証(ビザ)なしの入国を認める。新型コロナウイルス対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の全海チョル(チョン・ヘチョル)第2次長(行政安全部長官)が4日、同本部の会議で明らかにした。

 全氏は、入国時のビザ免除は新型コロナワクチンを接種済みの入国者に対する隔離免除に続く措置だとしながら、「入国制度が改善されることで観光客数の拡大と観光市場の活性化が期待される」と述べた。

 済州空港では以前もビザなし入国制度が運用されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった2020年2月に停止された。来月からのビザなし入国は、運用停止前にビザ免除対象だった国・地域からの入国者に認められる。

 襄陽空港では、国際行事に合わせてベトナムとフィリピン、インドネシア、モンゴルからの5人以上の団体観光客に対しビザなし入国を許可する。

 一方、政府は企業の在宅勤務導入を今後も積極的に支援する方針だ。全氏は「新型コロナが終息していないことから、企業の在宅勤務活性化を通じて感染拡大リスクを下げていく」と説明した。

 政府は年内に約400社を対象にコンサルティングを実施し、在宅勤務に参加する割合を引き上げる計画だ。在宅勤務を導入する企業に関連費用を支援したり、経済団体などと協力して導入ムードを盛り上げたりする。政府と公共部門でも所在地域の感染状況などを勘案しながら在宅勤務を活用する。

 また、全氏は国内での新型コロナの変異ウイルスについて、これまでに変異株オミクロン株のうち複数のタイプが組み合わさったウイルス「XE」が3件、「XM」が2件、「XL」が1件確認されているとした。新たな変異ウイルスの出現に備えて監視を強化し、海外での変異ウイルスの流行状況も引き続き観察する方針だという。