【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期政権の駐日大使として尹徳敏(ユン・ドクミン)前国立外交院長(62)が有力視されていることが4日、分かった。政界によると、同氏が駐日大使に事実上内定したようだ。

 尹徳敏氏は韓日関係や北朝鮮問題など外交・安全保障が専門の学者で、朴槿恵(パク・クネ)前政権で次官級の国立外交院長に起用された。国立外交院の前身である外交安保研究院で約20年間、教授を務めた。

 今回の大統領選では尹錫悦氏陣営でシンクタンクの役割を果たした政策諮問団に参加し、外交・安全保障公約の策定に加わった。

 日本問題を深く研究してきたため、尹錫悦氏の「政策協議代表団」の一員として4月24〜28日に日本を訪問した。外交安保研究院の教授だった2008年にも大統領就任を控えた李明博(イ・ミョンバク)氏の日本特使団として訪日していた。

 新しい駐日大使は尹錫悦氏の韓日関係修復の構想を実現するための主要な役割を果たすとみられる。韓日関係改善への期待が強まる中、日本にとっての韓国の戦略的な重要性が高まれば、駐日大使の活動範囲が広がる見通しだ。

 韓日関係が悪化した文在寅(ムン・ジェイン)政権で就任した姜昌一(カン・チャンイル)現大使は日本の外相や首相とも面会していないなど、現地での活動が萎縮していた。

 大使を派遣するためには駐在国のアグレマン(同意)を得る必要があるが、手続きは尹政権発足後に進められる見通しだ。