【釜山聯合ニュース】韓国南部の釜山市で5日、「朝鮮通信使祭り」が開幕した。8日まで。対面形式での祭り開催は3年ぶりとなる。朝鮮通信使は朝鮮王朝時代に日本に派遣された外交使節で、韓日交流の象徴とされる。

 今年の祭りは「平和への願い」がテーマ。2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致も祈願し、市民が参加しやすいプログラムとイベントをふんだんに準備した。

 これまでは竜頭山公園と光復路一帯で開催してきたが、今回はメイン会場を広安里の海と広安大橋を見渡せる竜湖ピョルピッ(星明かり)公園に移した。

 復元した朝鮮通信使船の試乗体験、朝鮮通信使の行列を再現したパレード、朝鮮通信使の歴史的な意味を伝えるドローン(小型無人機)ショーなどを予定する。市民約3000人が参加するパレードは5日午後3時から1回目、7日午後3時から2回目が行われる。

 このほか、朝鮮通信使に関する資料が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)登録5年を迎えることを記念した展示なども開催する。