【ソウル聯合ニュース】今年1〜3月期に世界で販売された電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)に搭載されたバッテリー(電池)使用量で、韓国電池大手のLGエナジーソリューションがシェア1位となったことが、10日分かった。

 エネルギー市場専門の韓国調査会社、SNEリサーチによると、1〜3月期の中国を除く世界のEV用バッテリーのエネルギー総量は42.5ギガワット時(GWh)で、前年同期比54.1%増加した。

 1位のLGエナジーソリューションは、同59.9%増の13.9GWhだった。

 続いてパナソニック(9.3GWh)が2位、寧徳時代新能源科技(CATL、7.1GWh)が3位だった。

 中国のCATLは、中国市場以外でのEVバッテリーのエネルギー総量が前年同期比126.7%増加した。

 4位はSKオン(6.2GWh、139.6%増)、5位はサムスンSDI(3.5GWh、25.3%増)と韓国勢が占めた。

 市場シェアはLGエナジーソリューションが31.5%から32.7%に、SKオンが9.4%から14.6%にそれぞれ上昇した。サムスンSDIは10.2%から8.3%に下落した。

 LGエナジーソリューション、SKオン、サムスンSDIの韓国3社を合わせた1〜3月期のシェアは55.6%で、前年同期比4.5ポイント上昇した。各社のバッテリーを搭載したモデルの販売が好調だったためだ。

 一方でパナソニック、プライムアースEVエナジー、リチウムエナジージャパンなど日本企業の成長率は比較的低調で、シェアが下落した。なかでもパナソニックの1〜3期のシェアは21.8%と、前年同期比7.5ポイント下落した。

 SNEリサーチの関係者は「CATLなど中国企業が引き続きシェアを伸ばし、韓国の3社を圧迫している」として、「バッテリー素材価格の上昇や半導体不足などの不安要素もあり、国内業界の積極的で戦略的な素材確保対策が急がれる」と分析した。