【ソウル聯合ニュース】10日に任命された韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官は11日の就任式で、「安保脅威に能動的に対応できる強固な国防態勢を確立する」として、「北が戦術的な挑発を行えば自衛権の次元で断固として対応する」と強調した。

 また、「米国と中国の戦略的な競争が続く中、北は核とミサイル能力を高度化しながら朝鮮半島はもちろん、域内の安保秩序を深刻に脅かしている」と指摘。「われわれが置かれている現在の安保状況は極めて厳しい」として、「韓国型3軸体系能力を画期的に強化し、北の核とミサイル脅威に対応する」と述べた。3軸体系は、北朝鮮のミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃するキルチェーン、発射されたミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)、北朝鮮から攻撃された場合に指導部などに報復攻撃を行う大量反撃報復(KMPR)を指す。

 防衛産業については、「われわれの経済成長を先導する先端戦略産業として育成していく」とし、「防衛産業の競争力を強化し、輸出を拡大する」との方針を示した。