【ソウル聯合ニュース】韓国政府と与党「国民の力」が11日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権で初の政府・与党協議を開き、新型コロナウイルス流行による自営業者らの損失の補償に向けた2022年度(1〜12月)第2次補正予算案について話し合った。国民の力の権性東(クォン・ソンドン)院内代表によると、小規模事業者や自営業者370万人を対象に1人当たり最低600万ウォン(約60万円)を給付することなどで一致した。

 自営業者らはコロナ流行による営業制限で打撃を受けた。権氏は「損失があろうとなかろうと、最低600万ウォンを支給する」と説明している。

 尹政権では初めて、今年2回目となる補正予算の規模は33兆ウォン以上となり、第1次補正予算と合わせると50兆ウォンを超える見通し。補正予算案は12日の臨時閣議での決定を経て、13日に国会に提出される予定だ。