【ソウル聯合ニュース】韓国の権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官は16日に開かれた長官就任式で、北朝鮮で新型コロナウイルスの感染が広がっている問題と関連し、「医療や防疫など人道的協力は政治的な状況と結び付けず、条件のない協力を推進する計画」とし、住民への大きな被害が懸念される北朝鮮との防疫協力を積極的に進めると述べた。

 そのうえで、「北も(韓国の提案に)積極的に応じ、住民への被害を防ぐために協力するよう要請する」と呼びかけた。

 韓国政府はこの日午前、南北共同連絡事務所を通じて防疫協力と関連した実務接触の提案を盛り込んだ通知文の発送を打診したが、北朝鮮側は受け取る意思の有無を明らかにしなかった。権氏は就任式でのあいさつを通じて北朝鮮にあらためて対応を呼び掛けたものとみられる。

 権氏は急を要する課題として、南北間の緊張緩和と北朝鮮住民に対する実質的な支援の提供を挙げた。

 また「短い呼吸と長い呼吸を混ぜながら統一政策のリレーを続けていかなければならない」とし、北朝鮮の非核化、対話を通じた問題解決、共同利益実現の原則などを堅持し、実用的かつ柔軟に対処して局面の転換を成し遂げなければならないと強調した。

 また、朝鮮戦争などで生き別れになった離散家族や拉致被害者などの苦痛を解決することも統一部の重要な課題とし、同部の職員に対し、温かい気持ちを持って被害者らに心を寄せ、効果のある政策を立案してほしいと述べた。