【大邱聯合ニュース】旧日本軍の韓国人慰安婦被害者、李容洙(イ・ヨンス)さんは16日、高齢の被害者たちに残された時間は少ないとして、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に対し慰安婦問題の速やかな解決を求めた。

 

 李さんは南東部の大邱市にある「ヒウム日本軍慰安婦歴史館」で、聯合ニュースなど国内外のメディアに対し「尹大統領が選挙前にここを訪れ、『大統領になれなくても慰安婦問題を解決する』と言ったので安堵(あんど)のため息をついた」と述べ、大統領や外交部が国連拷問禁止委員会(CAT)への付託を決めれば解決すると訴えた。

 また、慰安婦問題解決の7原則として▼日本政府が犯罪の事実を認めること▼正式な謝罪▼法的賠償▼真相究明▼歴史教科書への記録と正しい歴史教育▼追悼碑と資料館の建設▼戦犯の処罰――を挙げた。

 李さんはこのような原則が記された紙を掲げながら「尹大統領が七つの原則を実行することが真の解決だ」とし、このうち一つも実現していないため最終手段としてCATへの付託が必要だと強調。2015年の韓日合意は無効だとして、日本が拠出した10億円も返還すべきだとの考えを示した。

 尹錫悦政権が公約に掲げた、慰安婦被害者の支援を担当する女性家族部の廃止を巡っては「廃止してはならない」とし、被害者を殺すのも同じだと語気を強めた。

 李さんは新政権で韓日関係が改善することに期待を示す一方、「日本の正式な謝罪なしに韓日関係の改善はない」との原則は変わらないと述べた。

 正式な謝罪とは日本の首相が、世界が確認できる方法で慰安婦の被害を認め、謝罪することを意味する。

 李さんは「われわれ(慰安婦被害者)の問題を早く解決して日本と関係改善を議論しなければならない」と力を込めた。

 終始落ち着いて質問に答えていた李さんは、「先日会った被害者が私に『ヨンスよ、早く解決するのを見て死ななくてはならない。大統領に会って必ず伝えてほしい』と言った」と涙ぐみ、「私も高齢なので歳月は待ってくれなさそうだ。大統領が必ずこの問題を解決してくださることを願う」と語った。