【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と来韓中のバイデン米大統領は21日、ソウルの大統領室庁舎で首脳会談を行い、韓米同盟の強化について協議した。

 尹大統領は「韓米同盟も経済安保時代に合わせて発展し進化すべきだ」との考えを示し、バイデン大統領は「韓米同盟は地域の平和と繁栄の核心軸だ」としたうえで、今回の会談を機に両国関係が格上げされるだろうと述べた。

 尹大統領は「われわれは経済が安保であり、また安保が経済である経済安保時代を生きている。国際貿易秩序の変化とサプライチェーン(供給網)の混乱が国民の生計に直接的な影響を与えている」と指摘し、韓米同盟進化の必要性について言及した。

 続けて、前日にバイデン大統領と行ったサムスン電子の半導体工場視察で韓米間の経済技術同盟の力を感じることができたとし、「今後、両国は半導体、バッテリーなど戦略産業分野で相互が投資を拡大しサプライチェーンの安定化に向けて協力する」と述べた。

 そのうえで「今日の会談は経済安保協力を強化し、世界の懸案を解決するために両国がどのように協力するかを論議する非常に有用な機会になる」と強調した。

 バイデン大統領も「韓米同盟は共通の犠牲、韓国の自由に対する共通の意志を基盤に、また、力によって国境を変えてはならないという強い意志を基に構築された」とし、「今回の訪韓を通じて韓米同盟はさらに一段階格上げされるだろう」と強調した。

 また、「過去数十年間、韓米同盟は地域の平和と繁栄の核心軸だった。また、北朝鮮脅威の抑止に大変重要だった。韓米同盟は地域と世界の安全を維持するうえで必須だ」との認識を示した。