【ソウル聯合ニュース】韓国国立海洋調査院の調査船が独島周辺で海洋調査を行ったとして、日本政府が韓国側に抗議したことについて、韓国の外交部当局者は30日、「国連海洋法条約など国際法と関連の国内法令に基づいて行われた正当な活動に対する日本側の問題提起は受け入れられない」と一蹴した。

 日本の外務省は29日、韓国の調査船が日本側の排他的経済水域(EEZ)内で海洋調査を実施したとして韓国側に抗議した。独島に対する不当な領有権を主張している日本は独島周辺の海域も自国のEEZと主張している。