【ソウル聯合ニュース】韓国で1日、統一地方選に合わせて実施された国会議員補選で、首都圏の仁川市の選挙区から出馬した革新系最大野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補(57)が当選を確実にした。李氏は3月の大統領選で同党の候補として出馬したが、尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏に惜敗した。

 李氏は今回の地方選で党の総括選挙対策委員長を務めたが、保守系与党「国民の力」の圧勝が有力視されていることを受け、「国民の叱責と厳重な警告を謙虚に受け止める」として、「国民の信頼を回復し、再び愛されるよう最善を尽くす」と述べた。