【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は5日、北朝鮮が同日に短距離弾道ミサイルを発射したことを巡り、金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長主宰で開かれた国家安全保障会議(NSC)常任委員会の結果の報告を受け、常時の対応態勢を強固に維持し、韓米ミサイル防衛訓練を含む韓米の拡大抑止力と連合防衛体制を持続的に強化するよう指示した。大統領室が明らかにした。

 尹大統領は予定されていた日程を取りやめて大統領室庁舎に出勤。NSC終了後、報告を受けた。

 NSCは北朝鮮が複数の場所からさまざまな種類の弾道ミサイルを発射したことについて、韓国の新政権初期の安全保障体制を試すものであり、新政権への挑戦との認識で一致。国連安全保障理事会決議の違反であり、朝鮮半島の緊張を高める行為だと強く非難した。

 また、北朝鮮が核とミサイルの威嚇で得られるものはないということに気付き、対話と協力の道に出るよう求めた。