【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は7日、南部・慶尚南道梁山市の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領の自宅周辺で保守団体がデモを行っていることに関し、「大統領執務室(周辺)もデモが許可されているので、全ては法に基づいて(処理)されるのではないか」と述べた。ソウル・竜山の大統領室庁舎に入る際、報道陣の質問に答えた。

 文前政権を支えた革新系最大野党「共に民主党」の国会議員らは尹政権に保守団体のデモへの介入を求めているが、こうした動きと一線を引いた格好だ。大統領室庁舎の周辺もデモが認められているだけに、文前大統領の自宅周辺でのデモを政府が阻む根拠はないとの判断を示したものと受け止められる。

 一方、政府の要職を検察の出身者が占めているとの指摘に、尹大統領は「政府の人事原則は有能な人物を適材適所に配置することだ」と答えた。

 検事総長を務めるなど1年ほど前まで検察一筋だった尹大統領が法務部の長官、次官や情報機関・国家情報院(国情院)幹部、首相秘書室長、法制処長など権力機関や大統領室の要職に検察出身者を重用したことに対する一部の批判を一蹴(いっしゅう)し、「能力本位」の人事であることを強調した格好だ。