【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は7日、脱北者団体「自由北韓運動連合」が新型コロナウイルス感染が拡大する北朝鮮に大型風船を使ってマスクや医薬品を送ったことに対し、南北軍事境界線一帯でのビラなどの散布禁止を盛り込んだ南北関係発展法に違反するとの見解を示した。

 同部の当局者は記者団に、「風船または(風船に付けた)物品を統一部の承認なく北に送る行為は、南北関係発展法が禁じているビラなどの散布行為に当たる」と記者団に語った。

 処罰の対象になるかどうかについては、捜査当局の捜査と司法当局の判断に基づくとしながらも、「捜査当局が関連内容を認識しているため、統一部が捜査を依頼する計画はない」と述べた。

 自由北韓運動連合の朴相学(パク・サンハク)代表によると、同団体は5日夜、北朝鮮に近い京畿道・抱川でマスク2万枚、解熱鎮痛剤のタイレノール1万5000錠、ビタミンC3万錠を大型風船20個に付けて北朝鮮に飛ばした。