【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領がソウル・竜山の大統領室改装工事の完了に合わせ、地元住民を招いた音楽会の開催を計画していることが8日、分かった。大統領室の関係者によると、尹大統領夫妻は19日に、近くに住む国際結婚家庭やひとり親家庭、両親のいない家庭などを招いて大統領室庁舎前の芝生でミニ音楽会を開く予定だ。

 5月10日の新政権の発足に伴い大統領室は青瓦台から元国防部庁舎に移転したが、尹大統領のメインの執務室が入る2階など一部のフロアは遅れて工事が始まった。尹大統領は今月19日ごろ、これまで利用してきた5階のサブの執務室からメインの執務室に移る見通しだ。

 大統領室関係者は、音楽会は新居に移ることを報告する意味を持つ行事だと説明した。執務室の移転と、一般公開された青瓦台の運用状況を紹介する可能性もある。

 一方、尹大統領夫妻は今週末に韓国映画「ベイビー・ブローカー」を鑑賞することを検討している。同作は主演のソン・ガンホさんが先ごろの第75回カンヌ国際映画祭で韓国俳優初の男優賞を受賞した。