【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局は8日、売春をあっせんした罪や海外で多額のギャンブルを行った罪で実刑判決が確定した男性グループBIGBANG(ビッグバン)の元メンバー、イ・スンヒョン(引退前の芸名V.I)氏を9日に除隊処分とし、ソウル近郊の国軍刑務所から一般の刑務所に移監すると発表した。

 これに先立ち、大法院(最高裁)は先月26日の上告審でイ氏に懲役1年6カ月を言い渡した二審判決を支持し、実刑判決が確定した。

 兵役法によると、兵士が1年6カ月以上の懲役または禁錮刑を言い渡された場合は戦時勤労役(有事の際に軍事支援業務を担当する要員)に編入される。

 一審は懲役3年の実刑判決を言い渡し、イ氏は法廷で身柄を拘束されたが、控訴審は有罪との判断は維持したものの、懲役1年6カ月に減刑した。

 イ氏は一審判決後の昨年9月に満期除隊する予定だったが、兵役法に基づき除隊保留処分を受けたため、軍人として裁判を受けていた。

 計九つの罪で起訴されたイ氏は、一審から上告審まで全て有罪と判断された。刑期は2023年2月までとなる。