【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は12日、ロシアの独立記念日に当たる「ロシアの日」に合わせてプーチン大統領に祝電を送り、プーチン氏への支持を表明した。朝鮮中央通信が報じた。

 金正恩氏は「ロシアの尊厳と安全、発展を守るための正義の偉業実現へあらゆる挑戦と難関を果敢に乗り越え、大きな成果を収めている」とたたえ、「わが人民は全面的な支持と声援を送っている」と強調した。「正義の偉業」について具体的な言及はなかったが、ロシアのウクライナ侵攻を指すとみられる。

 また、2019年4月にロシアのウラジオストクでプーチン氏と初めて会談して以来、両国の協力関係が発展していると指摘し、「国際的な正義を守護し、世界の安全を保障するため、両国間の戦略・戦術的協力がさらに緊密になると確信する」と強調した。

 ウクライナ侵攻で国際社会の批判を浴びるロシアにあらためて支持を表明し、連帯と親善の意思を表明した形だ。