【ソウル聯合ニュース】韓国で17日から日本のアサヒビールの広告が展開される。アサヒビールを輸入販売する韓国・ロッテアサヒ酒類が15日発表した。

 日本政府による対韓輸出規制強化を受け2019年に韓国で日本製品の不買運動が広がってから、日本のビールの大規模な広告キャンペーンが韓国で展開されるのは、事実上、今回が初めて。

 日本本社が企画した「アサヒスーパードライ」のグローバルキャンペーンの一環として行われるもので、韓国では8月末までユーチューブなどSNS(交流サイト)を通じて展開される予定だ。

 アサヒやサッポロ、キリンなど日本メーカーのビールは、2018年まで韓国の輸入ビール市場で最も大きいシェアを占めるほど人気があったが、日本製品の不買運動が広がった影響で販売が急減。各種のメディアで日本のビールの広告を目にすることもなくなっていた。