【ソウル聯合ニュース】韓国航空宇宙研究院は15日午後、韓国が独自開発した初の国産ロケット「ヌリ」の2回目の打ち上げについて、ロケットの酸化剤タンクでトラブルが発生したため打ち上げ準備を進められなくなったと伝えた。これにより16日に予定していた打ち上げは延期を余儀なくされた。

 トラブルの原因を確認するためロケットを一度発射台から下ろして、点検するという。組み立て棟での補完作業を終えた後、再度打ち上げの日程を決める予定だ。航空宇宙研究院は「どの部分にどのような問題が発生したかによって、いつ打ち上げられるかが決まる」と伝えた。

 ヌリは1.5トン級の実用衛星を地球低軌道に乗せることができる3段式ロケット。昨年10月に実施された1回目の打ち上げでは目標高度の700キロに到達したものの、飛行中に3段目のエンジンが予定より早く停止し、ダミー衛星を目標軌道に乗せられなかった。