【高興聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部の?宗昊(イ・ジョンホ)長官は21日、韓国が独自開発した初の国産ロケット「ヌリ」の打ち上げに成功したと発表した。ヌリは同日午後4時、南部の全羅南道・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられた。李氏は「ヌリは目標の軌道に投入され、性能検証衛星の分離に成功し、軌道に乗った」と説明。「韓国の科学技術史だけでなく、韓国の歴史の記念碑的な瞬間」と述べた。

 李氏は「自国の領土から、自らの手で作ったロケットを打ち上げた7番目の国になった」と強調し、宇宙先進国入りに向け大胆な歩みを続けると述べた。

 今回のヌリの打ち上げは2回目で、実際に作動する衛星を搭載している。昨年10月の1回目の打ち上げでは搭載したダミー衛星の分離と高度700キロまで到達することには成功したが、目標としていた軌道には乗せられなかった。

 3段ロケットのヌリは重量1.5トン級の実用衛星を地球低軌道に投入するよう設計されており、今回は性能検証用の衛星が搭載された。ヌリは3段目のエンジンが止まった後、目標の秒速7.5キロで飛行し、衛星を分離、射出。衛星は内蔵された自動運用プログラムによる稼働を始めた。