【水原聯合ニュース】韓国の水原地検が28日に刑執行停止審議委員会を開き、収賄罪などで服役している李明博(イ・ミョンバク)元大統領(80)の刑執行停止を認めるかどうかについて決定する。

 李被告は服役中も糖尿病などの持病で入退院を繰り返してきた。今月初め、健康悪化を理由に水原地検に刑執行停止を申し立てた。

 申し立てが認められた場合、李被告は28日午後遅くに刑務所を出ると予想される。

 李被告は2018年3月に収監され、19年3月に保釈された。20年2月の控訴審で懲役17年などの判決を言い渡され再び収監されたが、保釈取り消しの決定に対して抗告したため、大法院(最高裁)が判断を下すまで保釈取り消しの執行が停止され、6日後に釈放された。同年10月、大法院判決で懲役17年、罰金130億ウォン(約14億円)、追徴金57億8000万ウォンの実刑が確定した。翌11月にソウル東部拘置所に収監されたが、同拘置所で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、21年2月にソウル近郊の安養刑務所に移送された。

 韓国の刑事訴訟法では健康を著しく害するか、生命を保全できない懸念がある場合、年齢が70歳以上の場合など七つの要件に限り、刑の執行停止を認めている。