【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は30日、北朝鮮が韓国への事前通知を行わずに北朝鮮から韓国に流れ込む臨津江の上流にある黄江ダムを放流したことに対して遺憾を表明した。

 同部の当局者はこの日、記者団に対し「先週末からの大雨により北が黄江ダムの水門を開放したと推定される」とし、「水門の開放が事実なら、わが国がダムの放流時に事前に知らせるよう要請したにもかかわらず、北がいかなる事前通知もしなかったことに対して遺憾に思う」と述べた。

 北朝鮮の黄江ダム放流は数日前から始まったとされる。北朝鮮メディアは臨津江の上流地域でここ数日大雨が降ったと報じていることから、水位を調整するために水門を開放したものとみられる。

 統一部は28日、南北共同連絡事務所のチャンネルを通じてダムを放流する際は事前に通知するよう要請したが、北朝鮮からは応答がなかった。

 黄江ダムが放流されると、臨津江の洪水調節機能を持つ韓国の郡南ダム(京畿道漣川郡)に到達するまで4〜5時間かかる。

 黄江ダムの総貯水量は郡南ダム(7160万トン)の約5倍の3億5000万トンに上り、水門を開けば臨津江最北端の必勝橋と郡南ダムの水位は急速に上昇する。

 この当局者は「政府は黄江ダムの水門開放による北の放流を見越し、あらかじめ郡南ダムの水位調節などによって備えてきた」と説明。政府は関連機関と緊密に協力して北朝鮮の降雨や放流状況を注視しているとして、国民の安全と財産に被害が生じないよう最善を尽くすと述べた。