【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は1日、上半期(1〜6月)の輸出額は前年同期比15.6%増の3503億ドル(約47兆5800億円)、輸入額は26.2%増の3606億ドルだったと発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は103億の赤字。半期ベースの赤字額では過去最大だった1996年下半期(125億5000万ドル)を下回ったものの、上半期としては97年(91億6000万ドル)を上回り最大となった。

 今年上半期の輸出額は昨年下半期(3412億ドル)を抜いて半期ベースで過去最高を更新した。主要品目別にみると造船以外の14品目で増加し、そのうち半導体と鉄鋼、石油製品、バイオ、二次電池は上半期の最高実績を記録した。主要地域・国別には独立国家共同体(CIS)向けだけがマイナス。中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)、米国、欧州(EU)向けは上半期として最大の輸出額だった。

 その一方で、エネルギーや原材料などの価格高騰が影響し、輸入額が輸出額を上回った。中でも原油やガスなどエネルギーの輸入額は前年同期より400億ドル以上多い879億ドルとかさみ、貿易赤字の主因となった。

 6月の輸出額は前年同月比5.4%増の577億3000万ドルにとどまった。輸入額は19.4%増の602億ドルで、貿易収支は24億7000万ドルの赤字だった。3か月連続の赤字はリーマン・ショック直前の2008年6〜9月以来、約14年ぶり。