【ソウル聯合ニュース】韓国統計庁が1日発表した「オンラインショッピング動向」によると、5月のインターネット通販の取引額は17兆2859億ウォン(約1兆8000億円)で前年同月比10.5%増加した。

 航空券、バス・列車の乗車券、レンタカー、宿泊施設の予約など旅行・交通サービスの取引額(1兆5642億ウォン)は1年前(7919億ウォン)の2倍近く増加した。新型コロナウイルス流行前の2019年5月比でも5%増加した。

 文化・レジャーサービスの取引額(2636億ウォン)は前年同月比165.2%増加し、17年1月の統計開始以来最高となった。4月に新型コロナの感染防止策「社会的距離の確保」が解除されてから好天が続き、野外活動が増えたためとみられる。コロナ禍で抑制されていた旅行・文化の需要が爆発的に増えているとの見方もある。

 飲料・食料品(加工食品類)、衣服の取引額もそれぞれ同16.8%、同17.1%増加した。

 オンラインで出前の注文を受けて配達する飲食サービスは2兆613億ウォンで同3.7%減少し、統計開始以来、初めてマイナスとなった。統計庁の関係者は「家で出前注文するより外食するケースが増えた影響とみられる」と説明した。

 スマートフォン(スマホ)をはじめとするモバイル機器を利用した取引額がインターネット通販取引額に占める割合は74.4%で、同2.7ポイント上昇した。