【ソウル聯合ニュース】米空軍のステルス戦闘機F35Aが約5年ぶりに朝鮮半島上空に展開された。

 韓国国防部は5日、米アラスカ州のエイールソン空軍基地所属のF35Aが朝鮮半島に6機展開したと発表した。今月14日まで、韓国空軍との合同訓練に参加する予定だ。

 同部はF35A展開について「韓米同盟の強力な抑止力と連合防衛態勢を顕示すると同時に、韓米空軍間の相互運用性向上を図るため」と説明した。

 米空軍のF35Aが公式に朝鮮半島に展開されたのは2017年12月に行われた韓米合同空中訓練「ビジラント・エース」 以来、4年7カ月ぶり。当時は北朝鮮が相次いでミサイルを発射し、6回目の核実験を実施した後で、朝鮮半島の緊張が高まっていた。