【ソウル聯合ニュース】韓国の次期駐日大使に任命されている尹徳敏(ユン・ドクミン)氏は11日、日本の安倍晋三元首相の死去を受けソウルの日本大使館公報文化院を弔問に訪れた。尹氏は弔問後、「安倍元首相に何度かお会いしたことがある」として、「韓国の文化と料理についてたくさん話したし、とてもお好きだった」と故人を振り返った。

 また、「安倍元首相は常に実用的な考え方を持っており、韓日関係の改善のため努力した方だと理解している」とし、「心が痛む」と述べた。

 駐日大使として赴任し、早急に取り組むべきことについては「両国の信頼回復」を上げ、「壊れたネットワークを回復させること、多くの日本の国民に会うことを最も大きな役割として考えている」と述べた。

 韓日関係の最大の懸案となっている日本による植民地時代の強制動員被害者への賠償問題を巡り、韓国外交部が官民協議体を発足させたことに関しては、「問題解決のため、さまざまな努力が各所で行われている」と述べるにとどめた。