【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が2日連続で放射砲(多連装ロケット砲)を発射したことが13日、分かった。韓国軍当局によると、軍は北朝鮮が11日午前に黄海に向けて発射した放射砲と推定される航跡を捉えたという。

 10日に2発を探知しており、2日続けて放射砲の発射を捉えた。

 朝鮮半島には現在、韓米合同軍事演習のため米ステルス戦闘機F35Aが6機、一時配備されている。