【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室の関係者は13日の記者会見で、韓日関係に関し「未来を考え、現在の問題を解決していくという(尹錫悦=ユン・ソクヨル=大統領の)立場には変わりがない」と述べた。いつ、どのような方法で韓日関係を改善するのかなどを問われ、このように答えた。

 この関係者は日本の状況に触れ、参院選が終わったものの安倍晋三元首相が銃撃され死亡する事件が起きたとしながら「国内の状況は難しく、(政治的に)複雑な部分があるようだ」との見方を示した。

 今後の韓日関係の改善について「金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長が会見でも述べたが、いくつかの計画と日程を考えている」と説明。「国内外の事情を踏まえながら未来志向的にどう解決していくか、時間がたてばもう少し具体的なことをお知らせできるだろう」とし、「今も努力しているところ」と言い添えた。