【ソウル聯合ニュース】韓国の権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官は13日、ソウル市内で開かれた学術会議で、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の対北朝鮮政策を盛り込んだ「大胆な計画」を構想しているとして、「非核化の先行」にこだわらない考えを明らかにした。

 権氏は「対北政策の新しい道を切り開くため、まず解決すべき課題は北の核問題」として、「非核化の進展なしには南北関係の進展も期待しにくい」と強調。「このため尹政権は『大胆な計画』を構想している」とし、「北の非核化と朝鮮半島平和の定着をどう進展させていくか、より具体的な内容を検討している」と説明した。

 また、「一部では『非核化先行』だと誤解しているが、決してそうではない」とし、「北の実質的な非核化という原則は堅持しつつ、北の非核化と南北関係の発展などの好循環をつくり出すことができればその前後を区分せず、実用的にアプローチする」と強調した。

 その上で、「過去の(革新系)政権の対北政策の成果が意味がないとは考えていない」とし、「尹政権は過去の政権の政策を否定する過ちを決して繰り返さない」と述べた。