【ソウル聯合ニュース】韓国与党「国民の力」の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)国会副議長が、韓日議員連盟の新会長に推挙された。鄭氏が18日、フェイスブックで明らかにした。26日の連盟の定期総会で正式に選出される予定だ。

 当選5回の党重鎮の鄭氏は「私の父(故鄭石謨=チョン・ソクモ=元内務部長官)が韓日議員連盟幹事長を長年歴任し、政治の師である故金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相が韓日議員連盟を主導された」として「ただ国益のみに基づき、行き詰まった韓日関係の突破口を開くために一生懸命働きたい」と述べた。

 国会韓日議会外交フォーラム会長を務める鄭氏は、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が就任前の4月に派遣した韓日政策協議代表団の団長として訪日し、岸田文雄首相や安倍晋三元首相などと面会した。