【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は19日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から7万3582人増え、累計1886万1593人になったと発表した。

 新規感染者数は、週末に検査件数が少なかった影響で2万人台に減少した前日(2万6299人)の約2.8倍に増え、4月27日(7万6765人)以来、83日ぶりの高水準となった。1週間前の12日(3万7347人)の約2.0倍、2週間前の5日(1万8136人)の約4.1倍と、前週比で感染者数が倍増する傾向が続いている。

 この日の新規感染者のうち海外からの入国者は351人で、前日より32人多い。市中感染者は7万3231人だった。

 新たな死者は12人で、前日より1人多い。死者の累計は2万4765人。致死率は0.13%。

 重症者数は前日より10人多い91人となっている。重症者数が90人を上回るのは、先月16日(98人)以来33日ぶり。

 感染者数は急増しているが、流行状況を判断する重要な指標である重症者数と死者数は変異株のオミクロン株が大流行した時期と比べて比較的安定した水準と分析される。