【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は21日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から7万1170人増え、累計1900万9080人になったと発表した。新規感染者数は前日(7万6402人)より5232人少なかったものの、3日連続で7万人を上回った。木曜日に発表する水曜日の感染者数としては13週ぶりの高水準となった。

 1週間前の14日(3万9182人)の約1.8倍、2週間前の7日(1万8502人)の約3.8倍だった。今月に入り、前週比で感染者数がほぼ倍増する傾向が続いている。

 新規感染者数はここ57日で100万人増え、累計1900万人を超えた。

 この日の新規感染者のうち海外からの入国者は320人で、過去最多(429人)となった前日に比べると109人少なかった。市中感染者は7万850人だった。

 新たな死者は17人で前日より5人多い。死者の累計は2万4794人。致死率は0.13%。

 重症者数は前日から11人増え107人となった。100人を上回るのは6月11日(101人)以来40日ぶり。

 政府は医療体制にまだ余力があるとみているが、感染再拡大で1日当たりの新規感染者数が30万人まで増える可能性に備え、専用病床を追加で約4000床確保し、検査や診療、処方などを一括して行うワンストップの診療機関を1万か所に増やすといった対応を取ることにした。