【ソウル聯合ニュース】韓国の国防部は25日、李鐘燮(イ・ジョンソプ)長官が29日(現地時間)に米ワシントンでオースティン国防長官と会談すると発表した。

 両氏は会談で北朝鮮問題など朝鮮半島の安全保障情勢について意見交換する見通しだ。5月の韓米首脳会談の共同声明に盛り込まれた、北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応するための核の傘の提供など「拡大抑止」の実行力を高める措置をはじめ、韓米同盟の懸案を幅広く議論するとみられる。

 李氏は訪米期間中、朝鮮戦争戦死者を悼む「追悼の壁」の除幕式に出席する。

 国防部によると、李氏は元在韓米軍司令官、シンクタンク関係者らとも面会。韓米同盟強化に向けた韓国の取り組みを説明し、韓国政府の政策に対する支持を取り付ける方針だ。