【ソウル聯合ニュース】韓国の韓悳洙(ハン・ドクス)首相は25日、国会で行われた対政府質疑で尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率下落の原因をどう考えるかと問われ、「さまざまなことがあり得るが、最も大きいのは新政権に対する国民の高い期待を(就任からの)2カ月間十分に満足させられなかった(ことだ)」と述べた。

 韓氏は与党「国民の力」の尹相現(ユン・サンヒョン)国会議員の質問に対してこのように答えた上で、「2カ月という時間はわれわれが国民を安心させるには短い時間ではないか」として、尹大統領は哲学が明確で気さくであり、閣僚のチームワークがどの政権よりもよく組織されているため、必ず相当な成果を出す時期が来るとの考えを示した。

 世論調査で支持率下落の原因が人事問題にあるとの結果が出たが、大統領に懸念を伝えたことがあるかとの質問には、「主に首相は閣僚の選定にあたって協議を行い、提案している」と述べるにとどめた。

 また、大統領だけが国政の前面に出ており、首相がよく見えないという指摘には「今後はより積極的になれという言葉として肝に銘じる」と述べた。