【ソウル聯合ニュース】韓国外交部で北朝鮮問題を担当する金健(キム・ゴン)朝鮮半島平和交渉本部長は26日、中国の劉暁明・朝鮮半島問題特別代表と電話協議を行い、最近の北朝鮮情勢に対する評価を共有し、今後の協力策について意見交換した。

 外交部によると金氏は尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が就任式で表明した北朝鮮に対する「大胆な計画」に従い、対北朝鮮政策のロードマップを韓米が緊密な協議に基づいて準備しており、これには政治・経済・軍事などの分野で踏み込んだ相応の措置を非核化の段階に合わせて提供する内容も含まれていると言及したという。

 金氏は実質的な非核化交渉の進展が朝鮮半島の平和と安定のための道であると強調し、北朝鮮が自らの安全保障を損ない、国際的な孤立を深めるだけの核・ミサイル開発を中止し、1日も早く対話の場に復帰することができるよう中国側が積極的に役割を担うよう要請した。

 劉氏は、朝鮮半島の平和と安定の守護や非核化実現のために中国は今後も建設的な役割を担っていくとし、緊密に意思疎通していきたいと応じた。