【世宗聯合ニュース】国際通貨基金(IMF)は26日までに公表した世界経済見通しで、2022年の韓国の実質成長率を2.3%と予測し、4月時点の予測を0.2ポイント下方修正した。企画財政部が明らかにした。

 ロシアによるウクライナ侵攻の長期化やインフレなどの影響が反映された。

 また韓国の来年の成長率を2.1%と予測し、4月時点から0.8ポイント下方修正した。

 今年の成長率見通しが下方修正されたのは、インフレ、中国の成長鈍化、戦争や新型コロナウイルスなどの影響により、世界の経済成長が鈍化すれば輸出中心の韓国経済も打撃を受けるとみなしたことによる。

 IMFは今回、世界経済の成長率見通しを3.6%から3.2%に下方修正した。 

 主要国では米国が1.4ポイント下方修正した2.3%、ドイツが0.9ポイント下方修正した1.2%、フランスが0.6ポイント下方修正した2.3%、中国が1.1ポイント下方修正した3.3%だった。

 政府は「わが国は4月以後に実施された62兆ウォン(約6兆4654億円)規模の第2次補正予算の効果などでほかの主要国より成長率の下げ幅が小幅だった」と評価した。

 政府は6月、22年の韓国の経済成長率見通しを従来の3.1%から2.6%に引き下げた。また韓国銀行(中央銀行)は2.7%と予測している。

 IMFは来年の韓国の成長率見通しを従来の2.9%から2.1%に下方修正した。下げ幅は今年よりも大きく、政府の見通し(2.5%)より0.4ポイント低い。