【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室の国家安保室は28日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領を名指しで非難したことに対して遺憾を表明した。姜仁仙(カン・インソン)報道官が会見で伝えた。

 国家安保室は「金正恩委員長が(尹錫悦)大統領の実名を挙げて韓国政府に対して威嚇的な発言をしたことに深い遺憾を表明する」として、「政府は北のいかなる挑発にも強力かつ効果的に対応できる準備態勢を整えており、堅固な韓米同盟に基づき国家安保と国民の安全を守る」との姿勢を示した。

 また、北朝鮮が実質的非核化と平和定着のために対話の場に戻るよう促すと強調した。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮が「戦勝節」とする朝鮮戦争休戦協定締結69周年の27日に開かれた記念行事で、金正恩氏は「われわれは尹錫悦の妄言や醜態を正確に記憶している」「これ以上、尹錫悦とその軍事やくざたちが見せる醜態と客気を傍観してばかりはいられない」と、尹大統領を呼び捨てにして非難を浴びせた。