【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが29日発表した調査結果によると、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率は前週より4ポイント下落した28%となった。5月10日の就任後、尹大統領の支持率が30%を下回るのは初めて。

 尹大統領の支持率は6月第2週の53%から1か月以上、下落が続いた。

 不支持率は前週より2ポイント上昇した62%となった。不支持率は6月第2週は30%台前半だったが、上昇が続いている。

 尹政権を支える保守系与党「国民の力」の支持基盤である南東部の大邱・慶尚道と保守層でも、支持率と不支持率の差が1桁となっている。

 不支持の理由は「人事」(21%)が最も多く、「経験と資質の不足・無能」「経済・国民生活を顧みない」「独断的・一方的」(いずれも8%)などが挙げられた。支持の理由は「公正・正義・原則」(9%)、「主観・所信」「経済・国民生活」「前政権の克服」(いずれも6%)などだった。

 行政安全部に警察を統括する「警察局」を新設することに警察が強く反発している問題や、尹大統領が国民の力幹部と対話アプリでやり取りしたメッセージが流出して党内のあつれきが深まったことが、不支持の理由に初めて含まれた。

 歴代大統領のうち、朴槿恵(パク・クネ)元大統領の支持率が初めて30%を下回った時期は就任から約2年後で、文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は就任から4年後に30%を割り込んだ。

 調査は26〜28日、全国の18歳以上の1000人を対象に実施された。