【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は1日、7月の輸出額は前年同月比9.4%増の607億ドル(約8兆660億円)、輸入額は同21.8%増の653億7000万ドルだったと発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は46億7000万ドルの赤字だった。エネルギー価格の高騰で、輸入の増加幅が輸出を上回った。

 貿易赤字は4月から続いている。4カ月連続の赤字はリーマン・ショック直前の2008年6〜9月以来、約14年ぶり。

 輸出の増加は21カ月連続で、先月は7月として過去最高だった昨年7月(555億ドル)に比べ52億ドル多かった。

 品目別では半導体、石油製品など主要7品目の輸出が伸びた。中でも石油製品と自動車の輸出額は単月として過去最高を記録し、半導体は7月として最高だった。

 地域・国別では、中国、独立国家共同体(CIS)、中南米向け輸出は減少し、米国、東南アジア諸国連合(ASEAN)、欧州連合(EU)向けは増加した。米国、インド向け輸出は単月として過去最高、ASEAN、EU向けは7月として最高だった。

 一方、エネルギー価格の高止まりにより、輸入は5カ月連続で600億ドルを上回った。7月は原油やガスなどエネルギー関連の輸入額が前年同月より87億ドル多い185億ドルに上った。