【ソウル聯合ニュース】韓国国家基幹ニュース通信社の聯合ニュースは2日、国内の主なニュースをまとめた英文年鑑「KOREA ANNUAL(コリア・アニュアル)」の2022年版を発刊した。

 「KOREA ANNUAL」は外国の政府機関、国際機関、在韓外交公館、外国人向けに韓国の状況を正確に伝える目的で制作される韓国で唯一の英語版年鑑。

 22年版では、昨年1年間の韓国国内の主要ニュースを政治、経済、社会、文化、スポーツ、地方などの分野別にまとめた。今年3月の大統領選挙で尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補が当選したニュースを写真と共に収録し、昨年起こった重要事件を紹介した。

 昨年の主なニュースとして、不動産価格・株価・暗号資産(仮想通貨)の高騰、BTS(防弾少年団)の活躍、映画「ミナリ」やドラマ「イカゲーム」など世界で注目を浴びたK(韓国)カルチャー、盧泰愚(ノ・テウ)・全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領の死去、韓国土地住宅公社(LH)の職員による土地投機疑惑、ディーゼル車の排出ガスの浄化に使われる尿素水の品薄問題などを取り上げた。

 北朝鮮編では第8回朝鮮労働党大会、ミサイルの発射動向、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の活動、南北関係などの主なニュースを掲載。このほか政治、軍事、外交、経済、社会、文化・スポーツなど幅広いニュースを収録した。

 504ページで、持ち運びにも便利なハンドブックサイズとなっている。